スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CEAGESP (サンパウロ中央卸売市場)

先日、土曜の朝にCEASA(セアーザと呼ばれています)へ行って参りました 初CEASAです
CEASAは南米最大の卸市場で一般人も利用できます
大きな広場に果物や魚、植木屋さんが何店舗も出店していて目移りしてしまいます
ブラジル人は週末に親戚や友人を招いて大人数でバーベキューやランチをするので
大量に食材を買うときは市場のほうが安上がりなのです

IMG_0789r.jpg

IMG_0792r.jpg 
IMG_0795r.jpg

スーパーではなかなか見れないどっしりしたマグロの赤身がありました
魚によってはスーパーの値段とあまり変わらないものもありますが
私はPescada Sulを1キロ16レアル、イカは1キロ24レアルで買い大満足です
珍しい太刀魚(Espada)もありました

日本食も買えます 
地元のスーパーで買う豆腐は賞味期限内なのに傷んだ匂いがするものがあったり新鮮さに欠けますが
ここのはとっても新鮮で美味しかったです

なんといっても植物が安いのでおすすめです

IMG_0787r.jpg IMG_0788r.jpg
DSC_0795r.jpg

しそ各5レアル、ゲラニウム15レアル、サボテンは友達の誕生日プレゼントに各20レアルでした

またすぐ戻りたいです

CEAGESP(Companhia de Entrepostos e Armazéns Gerais de São Paulo)
土6:00-12:30 
日7:00-13:00 
水14:00-22:00

花専門市は火、金 5:00-10:30

Ceagespの住所はAv. Dr. Gastão Vidigal 1946 Vila Leopoldina São Paulo 05316-900ですが
入り口が幾つもありこの市場へ行くには Portao13に入ります 
初めて行く人には見つけにくいと思いますので下に地図を載せます AにPortao13があります
駐車場は3レアルです
TEL (11) 3643-3700

Ceagesp Portao 13 map

Ceagesp Portao 13

びば BRAZIL ちゃお
スポンサーサイト

チリ パタゴニア旅行記 Part 8 サンティアゴからサンパウロ移動

DAY 9

昨日プンタアレナスからサンティアゴへ飛行機で移動し
サンティアゴ空港に到着したのが19:15

ibis Santiago Estacion Central にチェックイン  1泊朝食付き$77.96  

私の予約が見つからなくチェックインがスムーズにいきませんでしたが
結局見つかってOK~ もうっ

IMG_4589r.jpg IMG_4593r.jpg

翌朝 8:15AMの飛行機でサンパウロへ帰るのでここは本当に寝るだけです

サンティアゴ空港に一番近いのは空港目の前にある Holiday Inn ですが
1泊US$188と高いのでタクシーで20分ほどの ibis(1泊US78)を選びました
お金に余裕があれば朝もゆっくりできるしHoliday Innに泊まるのがいいです

近くにレストランがなさそうでしたので
ホテル内のレストランでチキンスープ食べましたがおいしくてびっくりした 

朝5:45AMに予約しておいたタクシーに乗り飛行場へ

ここからもまた長旅・・・ 乗り換え3回 
しかもハプニングだらけ・・・

Flight 7457
Santiago Arturo Merino Benitez Airport, Chile 08:15
Buenos Aires Ezeiza Airport, Argentina 10:20

飛行機がゆっくり滑走路へ向かいましたが
パイロットが「電気系統トラブルがあるので点検します」
とゲートへ戻り点検開始

けっこう待たされラテン系乗客が騒ぎだし 一人のおばちゃんが飛行機を今すぐかえてっ
私やっぱり次の飛行機で行くわっと  

他の乗客も立ち上がりどうなってるんだー
とスチュワーデスに絡む始末

乗客がみんな日本人だったら絶対みんなし~んとじっと待ってるんだろうなぁと思いながら
私達はこの人達の様子をずっと見てるだけ

おばちゃんスッチーがいらいらし出し

「私はスッチー20年もやってるわ!飛行機なんて毎回いろんな故障があるのよっ!
こんなのだって日常茶飯事だわっ 大丈夫だからとにかく席に座ってっ」


そんな説得力ゼロな発言は避けて頂きたかったぁぁ

毎回故障って・・・

1時間以上待たされ同じ飛行機で出発

結局あのおばちゃんは自ら飛行機をおりました

Flight 7655
Buenos Aires Ezeiza Airport, Argentina 12:10
Rio de Janeiro Galeao Airport, Brazil 15:10

前の飛行機が大分遅れたので待ち時間もなく飛行機を乗り継ぎ またハプニング発生

乗客も全員乗り終わりスッチーが最終チェックをしているあたりで
前に座っていたおばあちゃんが体調不良を訴えました

一度気分がよくなりましたがまた駄目で 気を失ってしまった・・・

飛行機内に医者が2人いて応急処置 睡眠不足と疲労から血圧がいっきに下がってしまったようです

すぐに意識を取り戻し周りの乗客に「心配かけちゃってごめんなさいね」って

早くよくなってね

私もときどき血圧がぐーっと下がって気分悪くなることがあるのであのしんどさよぉ分かります 

おばあちゃんは家族と飛行機を降りていきました

Flight 1544
Rio de Janeiro Galeao Airport, Brazil 16:44
São Paulo Congonhas Airport, Brazil 17:45

いろいろありましたが無事サンパウロ国内線Congonhas空港到着

Welcome to São Paulo さっきまで降っていた雨のせいで交通渋滞

タクシー1時間待ち ぶ------っ

IMG_4606r.jpg

パタゴニアの旅でしたっ  これから行く方 是非参考にしてねぇぇぇ

びば C H I L E ちゃお

tag : 観光

チリ パタゴニア旅行記 Part 7 プンタアレナス

DAY 8

昨日はクリスティーナのおかげで超簡単にプンタアレナスまで戻ることができました

プンタアレナスはマゼラン海峡に面した南米大陸最南の都市で
昔は海運上とても重要な位置にあったため街が栄えましたが
パナマ運河が開通して以降重要度もがっくり下がり
今は静かな港町としてのんびり時が流れています

Hostal Ovejero
私達が泊まったホステルは Hostal Ovejero
Hostal Ovejero
Tripadvisor Review

1泊US$55 おばちゃんも親切&ホステル内もきれいで普通によかった  
屋上からの眺めと部屋

IMG_4573r_20120419035802.jpg  IMG_4560r.jpg 

プンタアレナス何もないですっ  

がんばってもこれくらいでしょう 

ペンギン営巣地 Isla Magdalena(マグダレーナ島)
プンタアレーナスから船で2時間くらい 
ペンギンちゃんは10~3月頃の間 ここで子育てをします
冬に入る3月頃ペンギンちゃん達はもっと温かい場所を目指しアルゼンチンやブラジルへ引越します

ということで4月はもう季節はずれで見れませんでした
今頃ブラジルあたりの海を泳いでいるのかなぁ  想像しただけでもかわいすぎるっ
シーズン中はかなりの数のペンギンがいるそうですよ  見たかったぁぁ 

Whalesound
Whalesound
Whalesound Tripadvisor Review

くじらウォッチングですね

Mercado
昨日みんなでランチした市場です  安くて新鮮な魚介類が食べられるので地元人にも人気なようです 
アグスティンお気に入りの屋上レストランにて  

Ceviche (魚介マリネ) と Sopa de Marisco (ムール貝、アサリなどいろんな貝が入ったスープ)
いや~それにしてもプエルトナタレスのCasa Magnaで食べたサーモンスープが美味しすぎて
それ以来どんなスープを食べても感動がないです どうしてくれるっ 

DSC_0596r.jpg  DSC_0598r.jpg 

Zona Franca(免税地区)
時間つぶしで行きましたが何もない
テレビやパソコン、カメラなど電化製品がメインです

Cementerio Municipal Sara Braun
お墓なのでお供えのお花や丁寧に管理された木々がきれいでした 
地元人が散歩したり観光客もぶらっと訪れるそうです

ホステルのすぐ近くだったのでぶらっと寄ってみました

IMG_4586r.jpg

お墓と免税店に時間使って空港へ
LAN航空286便15:50発の飛行機でサンティアゴへ戻ります

クリスティーナは昨日の便でサンティアゴへ戻っていましたが
ペンギンが見れないと分かっていたら私達もそうしてたよぉぉ

皆さんこの辺きっちり確認して旅の計画を立ててね

最後にこれとっても大事 
プンタアレナスからサンティアゴまでの飛行機は右側の窓側席をとりましょう
プエルトナタレス上空を通るあたりでパイネ国立公園の素晴らしい景色と
雪で覆われた美しい山々を楽しめます 

DSC_0627r.jpg

DSC_0624r.jpg  DSC_0634r.jpg 

19:15サンティアゴ空港到着  空港近くの ibis Santiago Estacion Central にチェックイン
明日の朝8:15の飛行機でブラジルはサンパウロへ帰ります
 
トモミーニャお家大好き人間なので旅も1週間を過ぎると早く家へ帰りたくなります
旦那さんはあ~もう旅行が終わるぅぅぅと悲しそうでしたが
私はあ~早く家に帰りたいとワクワク  

世界一周旅行してる人尊敬します  

びば C H I L E ちゃお

tag : 観光

チリ パタゴニア旅行記 Part 6 Hotel Las Torres Patagonia ②

DAY 7

ホテルともお別れの日でございます

8:00 AM Hotel Las Torres 出発

クリスティーナの車でプンタアレナスを目指します 

クリスティーナはブラジルの有名旅行雑誌 Guia Turismo の取材できていたのでいろいろと詳しかった

途中、取材でちょこちょこ立ち寄りました
私達の予定にはなかった素敵な場所へも行くことができて本当にらっき~
クリスティーナありがとう  運転手のアグスティンにも謝謝  

Laguna Amarga
移動手段がない人達はここからバスに乗りプエルトナタレス、プンタアレナスまで移動します
DSC_0530r.jpg

Estancia Cerro Negro (Black Hill Ranch)
プンタアレナスとパイネ国立公園の中間にあるHotel Las Torres創業者Antonio氏の家です
今は誰も住んでいませんが、団体客やクリスティーナのような特別客が
昼食、お茶する休憩所になっています

家具は当時(1900年代初頭)ヨーロッパから持ち込んだ物だそうです
ダイニングには奥様の絵が飾られています

家を管理しているおばちゃんとおじちゃんがいろいろお世話してくれました
おばちゃん手作りのドーナッツがすっごくおいしかった~
おじちゃんのアコーディオンも素敵でした

DSC_0568r.jpg

DSC_0576r.jpg DSC_0586r.jpg

DSC_0579r.jpg   DSC_0569r_20120418025239.jpg 

のどかで癒されるでしょ 
CSC_0651r.jpg

私こういう雰囲気の場所大好きなのでもう大興奮でした

いつか田舎に家を建ててゆっくりのんびり自然と共に暮らしたいなぁ

プンタアレナスに到着したのは午後2時頃 
自分達だけで移動したら到着は夜10時頃になっていたはず かなり時間セーブできました

クリスティーナとアグスティンに感謝 

プンタアレナスでのホステル Ovejeroにチェックイン

明日は15:50の飛行機でサンティアゴへ戻ります

To be Continued・・・

びば C H I L E ちゃお

tag : 観光

チリ パタゴニア旅行記 Part 5 Hotel Las Torres Patagonia ①

今回の旅で特に楽しみにしていたのが

Hotel Las Torres Patagonia

Hotel Las Torres
Tripadvisor Review

パイネ国立公園内には他にもホテルが数箇所ありますが
私の憧れるアルプスの少女ハイジ風が楽しめる 雪山  馬  大草原 と三拍子そろった
ここ Hotel Las Torres Patagoniaを選びました  大正解  

CSC_0620r_20120416223740.jpg
  
DSC_0251r.jpg

公園内に宿泊せずプエルトナタレスから日帰りで訪れる人も沢山いますが
時間があれば最低1泊できれば2泊公園内で過ごしてください って私誰やねん  

Hotel Las Torresはクロアチア人移民の息子 Antonio Kusanovic Senkovicによって建てられました
Antonioは1976年に8000エーカーの土地を購入し馬の育種ビジネスを始めます
当時からパタゴニアの大自然に憧れて多くの観光客が訪れていたため
Antonioと奥さんは小さなレストランと9つの部屋でなるホテルを建て観光客をもてなしました

1997年にAntonio氏が亡くなって以降は子供たち4人がホテルを大切に守り続けているそうです 

とにかくスタッフがみんな明るく親切で温かく
気持ちよいアットホームなホテルです

朝食付き1泊1部屋US$232
ちょっと高いなぁと思いましたが泊まって本当に良かったです 後悔しません
ヘアドライヤーも受付で借りれます

パイネの塔へ行くにはこのホテルの裏から出発するので
トレッキングする人には絶好の宿泊場所です

DSC_0275r.jpg DSC_0508r.jpg DSC_0502r.jpg 

食事はホテル内の Bar かレストランしかオプションがないです
夜のレストランはバフェ式で値段のわりには内容がいまいちでした
2日目は Bar でハンバーガーとチリのアルコールPiscoを  
ハンバーガーも雪山を背景に撮ると こうもカッコよくなります

ホテル内にはリラックスできるオープンスペースに
スパやマッサージサービスもあり
大きなキッズルームも備わっていてファミリー連れも沢山いました
生後数ヶ月の赤ちゃん  連れのヤングカップルもいましたよ 

Hotel Las Torresでは野菜からお肉と出来る限りの食材は自家製のものを使うそうです
豚小屋に野菜のビニールハウス いいなぁ こういう生活

DSC_0280r.jpg  DSC_0272r.jpg  

ホテルまでのアクセス:

私達の場合、5日目のツアーバンの運転手にツアー終了後にホテルまで行きたい旨を
伝えると ホテル近くまで行くという他のツアーバスに乗せてくれました
バスやバンが集まっている場所で降ろされ そこからホテルへ向かうまた別のバンを手配してくれました
全て無料 

パイネ国立公園で迷ったりすると寒さなどで命の危険を伴うので
レンジャーやツアーバスの運転手達が頻繁に無線で連絡を取り合い
観光客の安全には十分気を使ってくれています   
そのためホテルまでのアクセスもスムーズにいきました   

勿論、事前予約で運転手の手配をしてもらうこともできますが別途で料金とられます

う~ん いい いい ここ
 
そして 山の朝は気持ちかったぁ  朝日も拝めます
太陽さん猛スピードで昇るので構えて挑んでください

DSC_0509r.jpg DSC_0510r.jpg

かなりオススメなホテルです 

To be Continued・・・

びば C H I L E ちゃお

tag : 観光

チリ パタゴニア旅行記 Part 4 パイネの塔トレッキング

DAY 6

パイネ国立公園へきてパイネの塔へいかないのは
日本へきて寿司をたべないのと同じこと とどなたかが言っていました

なんかピンとこない例えだけどぉ・・・ 笑 

パイネの塔は標高888mとサンパウロと同じくらい
頂上までの道のりは9km
パイネの塔トレッキング (Hotel Las Torres提供) 一人US$113(55,000ペソ) 

朝9:15にホテルの受付前に集合

参加者は私達夫婦、旅行雑誌の取材できてたブラジル人クリスティーナ、
クリスティーナの運転手アグスティン(チリ人)、
それにガイドのルカス(チリ人) 計5人

DSC_0388r_20120416080943.jpg  DSC_0285r.jpg

昨日予約してたランチセットが配られ 馬小屋へいき 馬を選んでもらいます 
馬は二人とも初めてでしたが  全然大丈夫でした  
川を渡ったり 坂道を上り下りと けっこうびびりながらでしたが 
馬が暴走することもなくなんとかいけました

帰り道に私の前を歩いていたクリスティーナの馬がずっとおならをブリブリしてました
私の馬も負けずに歩きながら大きいのをコロコロ  笑 

DSC_0359r.jpg

ここから上は人間の足でしか登れないので 馬を置いてトレッキングです 
途中半分まで馬で登るオプションを選んで大正解
全部歩いて登るとかなり厳しいトレッキングになったと思います

DSC_0375r.jpg

昨日まで雪が多すぎてこれ以上登らないようにパークレンジャーがストップしていたらしいが
今日はOKとのこと 

私達のグループは年齢も若く体力もあったので  
速いペースで休みなく頂上まであがりました 

頂上到着  アグスティンも20分遅れで到着 イエイ
ランチを食べたり写真撮ったり40分ほどここで過ごしました

IMG_4480r.jpg

DSC_0410rr.jpg

また半分下って馬をピックアップ

IMG_4502r.jpg

CSC_0644r.jpg

ホテルに戻ったのが午後5:20 8時間20分のトレッキング無事終了です 

パイネの塔トレッキングは途中まで馬で行くのがいいと思います 
体力をセーブできるのと Hourseback Riding&トレッキング両方楽しめとても贅沢です  

それにトレッキングシューズ(できれば防水)履いていくのをオススメします
私達は運よく雪溶けも少なく、快晴だったので運動靴でぎりぎりOKでしたが
毎回こんないい日というわけでもないので

3、4日キャンプをしながらパイネの塔を目指す人もたくさんいましたが
このトレッキングもかなり達成感が大きいのでオススメです 

次の日は筋肉痛で体がぷるぷるしてた  

明日の朝もうこことはお別れ  

プンタアレナスまで移動し、翌日の飛行機  でサンティアゴへ戻ります

ちょうどクリスティーナも明日チェックアウトで行き先がプンタアレナス  
クリスティーナが事前に手配していた車があるから(運転手アグスティン)
一緒に乗ってきなよ~って言ってくれたのでそうさせて頂く事に  らっき~ 

この相乗りが 残りの旅をさらに素敵なものにしてくれるとは知らず

本日も爆睡  

クリスティーナのように事前にホテルに移動手段の手配をしていない場合は
午後2時にホテルから出るシャトルへ乗ってLaguna Amargaまで行き
Laguna Amargaから出ている Bus Fernandez、Bus Pacheco、 Bus Surのいずれかに乗り換え
プエルトナタレス、プンタアレナスへ移動になります

パタゴニアは移動がバスですとすごく時間がかかるので運転手がいるといいです

次は Hotel Las Torres について

To be Continued・・・

びば C H I L E ちゃお

tag : 観光

チリ パタゴニア旅行記 Part 3 パイネ国立公園ツアー

DAY 5

8:00 AM ホステルまできてくれたバンに乗り込みパイネ国立公園を目指します

私達+3組のカップルが乗ったバンで出発です 

ATMで現金を引き出すのを忘れていたので途中ATM に寄って頂きました 
私達はこのままプエルトナタレスへは戻らず国立公園内にある Hosteria Las Torresに2泊するので
念のための現金が必要だったのです

国立公園内にはATMがないと思うので 引き出しておいてよかったぁぁ 

Cueva del Milodon (ミロドン洞窟)
パイネ国立公園までの途中にあるミロドン洞窟に寄ります 入場料一人3000ペソ
1万年前に南米で絶滅した巨大ナマケモノや人間が暮らしていた巨大洞窟です
このパタゴニアの厳しい自然から身を守るためのシェルターだったようです
この洞窟は巨大な岩が氷河によって削られ、侵食されて作られたようです すごい 
また洞窟からの景色がもうたまらないっ
洞窟も景色も歴史も迫力があってよかったです
DSC_0061r.jpg  DSC_0068r.jpg 
DSC_0071rr.jpg  DSC_0097rr.jpg 

パイネ国立公園の入り口で入場料一人 15,000ペソを払い Entryです
途中 グアナコの群れやきつね、大きな野うさぎ、コンドルを見ることができますよ 
CSC_0610r.jpg  CSC_0602r.jpg

Lago Sarmiento
とにかく風が強くてシャッターを切ったときにタイミングよく帽子が落ちてきた 
この写真もそうですが、パタゴニアでは面白い形をした雲を沢山みました
湖の色は炭酸塩カルシウムを多く含むとこういう濃い青色になるみたい
CSC_0605r.jpg

Lago Nordenskjold
かなりの強風で私は立っていられなかった・・・ 
DSC_0171r.jpg DSC_0178r.jpg 

Lago Pehoe
パタゴニアはどこでも強風なので体ごと持っていかれます 気をつけて 
湖の色がものすごくきれいでずっとみていたかった
ミネラルを多く含むとこんな色になるらしい
CSC_0617rr.jpg   
DSC_0189r.jpg DSC_0194rr.jpg

Lago Grey
もっと奥までいけば近くで流氷が見えたらしいです
でもあの時は疲れててすぐバンに戻っちゃったのよね・・・
ボートで氷河の近くまで行くツアーもあるようですが氷河はアルゼンチンのほうが良いという話です
CSC_0655r.jpg

大満足なツアーでしたっ   ツアーの値段覚えていませんが妥当な値段でしたよ 
バスやバンでパイネ国立公園のハイライトを周るツアーは絶対やるべきっ  

Lago Greyが最終ストップでここからは違うツアーバスにのり
今夜泊まる Hotel Las Torres まで移動しました 

ホテルに到着してすぐ幾つかあるアクティビティの中から
パイネの塔を目指すトレッキングを申し込み 就寝

明日は朝9:15分出発なので朝食もゆっくり食べられそうです

To be Continued...

びば C H I L E ちゃお



tag : 観光

チリ パタゴニア旅行記 Part 2 プエルトナタレス

DAY 4 

サンティアゴから飛行機>>>>バスと乗り継ぎプエルトナタレスへ大移動です

プエルトナタレスはパタゴニアのメインディッシュであるパイネ国立公園の
最寄の町です ここを起点にパイネ国立公園へ向かいます

プエルトナタレスへ行くにはまずサンティアゴからプンタアレナスまで飛行機で移動し
プンタアレナスからバスでプエルトナタレスまで向かいます

名前が似ていてややこしいでしょう  

プンタアレナスはマゼラン海峡に面した南米大陸最南の都市です

さて私達はこんなかんじで行動したよ
 
6:25 AM Santiago Arturo Merino Benitez (SCL) 空港からLAN航空281便で Punta Arenas (PUQ) 空港へ 

9:50 AM Punta Arenas空港到着

空港でバスチケットが買え直接プエルトナタレスへ向かえると思っていたがそれには事前予約が必要だった

仕方なくバスオフィスのあるプンタアレナス中心街までタクシーで行く (20分くらい)

バス会社は3社ありどれも一緒じゃないかな 

Bus Fernandez
Bus Pacheco
Bus Sur

タクシー運転手がバスの時刻を調べてくれ今日はイースターで休日だから
あまりバスがでていない 次はBus Sur社の15:00発だと言うので
Bus Sur社のオフィス前で降りチケット購入 一人4000ペソ

IMG_4181r.jpg  IMG_4179r.jpg

15:00まで時間がある
この日はイースターでほとんどの店が閉まっていて町はゴーストタウン

Best Westernホテルの屋上レストランが唯一開いてたのでそこでランチ 
くつろげるスペース  もあり時間があまっていた私達はとても助かりました 
Ipodの充電とかもしちゃったりぃぃ  

IMG_4176r.jpg  IMG_4184r.jpg 

プンタアレナス -プエルトナタレス間は雪と雨に見舞われた  徒歩移動中じゃなくて良かったぁ

バスのトイレは汚いので 出発前に必ずトイレを済ませておきましょう 

18:00 プエルトナタレスのBus Sur社オフィス前に到着
 
ここから予約してあった Hostal Armendia Patagonia へ地図を片手に徒歩で移動 
5分ほどで近くてよかった ぁ  

IMG_4196r.jpg 

ハプニング発生です   

数日前に予約確認のメールを私に送ったが返信がなかったため予約をキャンセルしましたと 
雪の中やっとたどり着いたぁぁぁと思ったらこんなバッドニュース  
後で調べましたがそんなメール届いてない

代わりに近くの Hostal isla Morena に部屋をとっていてくれたらしく 
isla Morena
Tripadvisor Review

そこまで再びウォーキング 

大当たりぃぃ  
こんな素敵なお部屋が用意されてましたっ
1泊US$50でした

IMG_4190r.jpg IMG_4188r.jpg IMG_4189r.jpg 

キャンセルされていてよかったね という結果に PEACE

ホステルに明日のパイネ国立公園ツアーを予約してもらい 夕食

プエルトナタレスでは絶対このレストランで食事してくださいっ ぜったいぜったい

CASA MAGNA Restaurante y Hostal 
Address: Manuel Bulnes #370 Puerto Natales
TEL: (5661) 410045

チリのおいしい伝統料理が楽しめます 本当に美味いっ
後から入ってきた客が「このレストランを勧められてきたんだよ」と言ってました
地元でも有名なんでしょう いいとこ選んだぁ わたしぃぃぃ

親子でやっているとても家庭的なレストランで素敵でした

この Salmon Soup が絶品でした 
野菜と鮭の旨みが絶妙にブレンドしたピリ辛スープ 
どうぞ召し上がれ 

IMG_4205r.jpg IMG_4207r.jpg IMG_4204r_20120415090422.jpg 

Congrio Grelhado(白身魚のオリーブオイル焼き)もGoodでしたよ
アペタイザーの手作りサルサもピリ辛で最高でしたっ

明日は8時にツアーバスがホステルへ迎えにきます

いよいよこの旅のメインディッシュのはじまりよぉ~

To be Continued...

びば C H I L E ちゃお

tag : 観光

チリ パタゴニア旅行記 Part 1 サンティアゴ

Ola  このブログはブラジル関連のみで統一してきたけど ちょっと枠を広げて南米も含みたいと思います

これからチリへ旅行する方々の参考になれば嬉しいです

どんっ この景色 地球様様ですね

CSC_0617r.jpg

DSC_0194r.jpg

ブラジルに住む私達にとってチリは比較的近くて旅行しやすい国のひとつです

日本人がアジアへ旅行いく感覚とでも言いましょうか

今回なぜチリを選んだかと言うと

GOL航空のクレジットを消化する目的で値段的にもフィットしたのです

サンチアゴ サンパウロ間の往復券を購入したというわけであります

チリではイースター島が人気ですが私達は大自然を満喫できるパタゴニアに決めました

パタゴニアまでは移動に時間がかかるので大変ですが素晴らしい本当に素晴らしい旅行になったのであ~る

今行こうか迷っている旅人さん 是非行ってください 命令です  

旅行期間: 2012年4月3日~11日

服装:

サンティアゴは日中半袖でもいけるくらい温かかったです
パタゴニアの朝晩は冷えますが室内は暖房がきいていてあたたかい

Tシャツ、肌着ヒートテック、薄い長袖シャツ、フリース、
その上にウィンドブレーカー

下はヒートテックスパッツにジーンズ、
(雨、雪用にレインズボンをバッグに)

という服装で行きましたがちょうど良かったです

歩いたり行動していると暑くなるし、気温の変化も激しいので玉ねぎのように
めくっていける服装が便利です

DAY 1

Flight G3 1246
Congonhas Airport, Sao Paulo 17:21
Porto Alegre Airport, Rio Grande do Sul 18:58

Flight G3 7650
Porto Alegre Airport, Rio Grande do Sul 20:37
Buenos Aires Azeiza Airport, Argentina 22:25

Flight G3 7456
Buenos Aires Azeiza Airport, Argentina 23:40
Santiago Arturo Merino Benitez Airport, Chile 02:00

*どこも時差なしだったので楽でした

朝2時ころ到着  入国前に食べ忘れたリンゴ2個が食品申告審査にひっかかり
取調べを受ける  でも罰金なしで許してくれた ほっ 

7時くらいまで空港で寝る  もう空港で寝るのはこれが最初で最後にしたい 

3月にGOLが大規模な人員削減をしたせいもあるのか

航空券購入時は乗り換えがPorto Alegreのみでしが

直前にアルゼンチンが追加され時間も2時間早まりました

サンティアゴ空港敷地内にHoliday Innがあったので待ち時間が長い旅人はここで寝るのがいい

しかし1泊US$180と高いっ

DAY 2&3

朝8時頃空港からTransvip社 Transvip (http://www.transvip.cl/) のシャトルで
Providenciaにある宿泊先ホステルまで移動
Transvipは空港にカウンターがありその場で予約可能 Transvip一人6500ペソ(US$13)
タクシーはUS$30 よく考えたら私達夫婦2人ならタクシーでもよかった

サンパウロの渋滞も残酷だがサンティアゴも負けていなかった  
空港からProvidenciaまでは30キロほどだが
Morning Trafficにはまりホステルに到着したのが9時半くらい  

サンティアゴには2泊してからいざメインのパタゴニアの旅へ出発です

サンティアゴの見所 うーん サンパウロと同じで特になかった気がする 笑

2日間まるまるあったので隅々まで歩き周って良かった場所は

Serro San Cristobal
サンティアゴの町が一望できるがスモッグがすごい
なかなかブルースカイにアンデス山脈というナイスショットは難しいらしい
花や木々がきれいでした

DSC_0024r.jpg 

Bella Vista地区
町並みがきれい Serro San Cristobalへの通り道にあるPatio Bellavistaというレストランや土産屋が集まった小さなプラザをぶらっとするのもいいです

DSC_0049r.jpg 

中央市場 Mercado Central
レストランAugustoが一番人気でした

チリではパン、レモン、サルサのセットでアペタイザーが出てきます パンがもっちりで美味しい 
エビのピリ辛にんにく炒めは美味しかった 海鮮スープはチリの名物料理

IMG_4057r.jpg IMG_4151r.jpg IMG_4152r.jpg 

Wave House Santiago Wave House Santiago (http://www.wavehousesantiago.com/)
あなたがサーファーなら人口波を楽しめるWave Houseがおすすめ  
ブラジル人の友達が行きましたがけっこう良かったみたい

サンティアゴは1日あれば十分かなぁ 

宿泊したホステルは Providencia地区にある

Providencia Bed&Breakfast
Providencia Bed&Breakfast (http://www.providenciabedandbreakfast.com/)
Booking.com Review
朝食付き1泊US$55 地下鉄1番線のManuel Montt駅から徒歩5分にあるので移動に便利 

安全&静か

何と言ってもホステルを経営してるGladysおばちゃんが明るくて温かすぎる 

ヘアドライヤーも貸してくれたし  支払いはキャッシュオンリー 

サンティアゴにはATMが各地にあるので困らないよ
IMG_4041r.jpg  IMG_4039r.jpg  IMG_4040r.jpg

チェックインが12時でしたが朝9時半に着いた私達を快く出迎えてくれ部屋にも通してくれた
段取りよく最終日の翌朝のタクシーの手配もぱっぱとしてくれました
Gladys手作りの朝のオムレツはママの味がして最高でした

ただ部屋のバスタブがすごく狭く、しかもすべるすべる
2日続けて滑りひざに青ズミができましたがそれ以外は快適でした  

さぁ ここで2泊し いざ パタゴニアへ  

To be Continued...

びば C H I L E ちゃお





tag : 観光

Florianopolis (フロリアノポリス)のおすすめレストラン 

皆さぁぁん  如何お過ごしでしょうかぁぁ

じゃんっ  

FlorianopolisのPraia Moleにて撮影
DSC_0928r.jpg


超久しぶりの更新です  トモミーニャ毎日元気にしてるけど 

ブラジル生活3年も過ぎると 今まで新鮮だったものも普通になってきて 感動も減っていくんですよ 笑

人間の慣れって本当に恐ろしい

ってことでそれまであれもこれも新しくて次々にブログを書いてましたが

最近はめっきりネタ切れっちゅうわけです 

あはは 正直過ぎたかしら

それでも皆さんとシェアしたい情報もちょこちょこあるので書くのでありまぁぁす

さて、2011年年末から2012年始にかけてまたブラジル南部サンタカタリナ州はFlorianopolis(フロリアノポリス)へ旅行いったときのお話です

ここでは地元人も通うおいしいシーフードレストランを紹介です

フロリパ行ったら是非チェキラ~してください  メジャーなレストランより全然おいしいからっ

まずはこちらを召し上がれっ

Casquinha de Siri(かに詰め)1個R$4,50(250円くらい)
DSC_1072r.jpg

Camarão Alho e Oleo sem Casca (エビのガーリック炒め) R$35
DSC_1073r_20120414035505.jpg

あ~ 大変 食べたくなっちゃった

場所は Costa da Lagoa と呼ばれているエリアです


大きな地図で見る

Costa da Lagoa まではボートでしか行けませんが毎日けっこうボートが出てます

DSC_1041r.jpg

DSC_1053r.jpg

レストランが幾つかあって 私達が食べたのは  こちら Restaurante Indio です

地元人も沢山いましたよ

DSC_1055r.jpg

Costa da Lagoaからは行き場所が違うボートがいくつか出ています
帰りはボートを間違えないように気をつけてくださいね 


私達は間違ったボートに乗ってしまい目的地とは全く違う場所にたどり着きました

フロリパへきたら絶対行ってください

びば BRAZIL ちゃお

関連日記

Florianopolis Part4 宿

Florianopolis Part3 Jurere International

Florianopolis Part2 ビーチ

Florianopolis (フロリアノポリス)Part1

tag : ブラジル 観光

Florianopolis Part4 宿

私達が今回泊まったのは東側に位置する Moçambique(モサンビキ)というエリアでまだ開発されてなくとっても庶民的な町 というか 村っ

ときどき馬も走ってます 

宿の目の前の道 超平和でしょ

DSC_0001r.jpg

友達夫婦が経営する Pousada(宿)はまだ建設中の部屋もあってその過程をみるのも楽しかった  ビーチまで車で10分ほど とても静かで周りには虫と動物以外何もない ザ・平和 な場所です 宿情報だけどまだ宿名もなく、ウェブサイト作るとか言ってたので出来たらアップします

2011年8月追加 サイトできました Banzai Bangalous 又は http://www.banzaibangalous.com.br/

日本に何年か住んでいた人達なので日本語喋ります二人ともブラジル人と日本人のハーフで奥さんがめちゃくちゃ美人

隣人のペレが一人で毎日もくもくと宿を建てていました ペレまじ良い人 声がめちゃくちゃ高くてイカシタ人です 

IMG_9665r.jpg

DSC_0118r.jpg

12月18日から12泊で計R$1280(一泊80レアル)とフロリパでこんな安い宿は他にないでしょう  私達は左側の黄色い部屋 キッチン、冷蔵庫付なので家感覚です 2階がベッドルームになってます 日本からの旅人も何人か泊まったみたい 最近まではオーストラリア人が6ヶ月住み込んでいたそうです 飼い犬のモアナちゃんが毎日うちへ遊びにきました ちょぉぉぉかわいいの  絡みすぎてノミを頂きましたがね・・・

IMG_9799r.jpg

近所に住む子犬 めっちゃくちゃかわいい この辺りの家では一軒一軒必ず1匹は犬を飼っています
 
IMG_9696r.jpg

Moçambiqueのビーチへは木のトンネルを通って行きます

IMG_9610r.jpg

ローカルの人しかこないのでいつもガラガラ 独り占めできます

DSC_0057r.jpg

DSC_0098r_20110217221338.jpg

さてぇぇ フロリパ如何ですかぁぁぁ Tomominhaは好きでしたっ  海の色がきれいっ

それでは最後はこの写真達で〆 BRAZILってかんじぃぃ

IMG_9603r.jpg

DSC_0093r.jpg

おまけっ この子達は観光者でしょうね  かわいい 絵になるのよねぇ

DSC_0007r.jpg

DSC_0089r.jpg

このバナナボートいつか乗ってみたいのです

DSC_0142r_20110217224911.jpg

びば ブラジル ちゃお

ブラジルの旅行情報
ブラジルの旅行情報

関連日記

Florianopolis (フロリアノポリス)のおすすめレストラン 

Florianopolis Part3 Jurere International

Florianopolis Part2 ビーチ

Florianopolis (フロリアノポリス)Part1

tag : サンパウロ ブラジル

Florianopolis Part3 Jurere International

フロリパへ行ったら絶対行って欲しいのが北にある Jurere International(ジュレレ・インターナショナル)っす 高級住宅街が見れます

毎年年末になるとブラジル国内、海外のお金持ちがここに集まり派手に遊びます  友達が大晦日の晩だけナイトクラブでウェイターしたんだけど、一組の外国人団体(マイアミからの旅行者)を担当してチップだけで700ドルも稼いだの ひょえぇぇ

この豪邸達の持ち主はほとんどがサンパウロに住むお金持ちのセカンドハウスだと聞いた事があります いつもこういう人達の職業が気になるぅ マフィア

ドライブするだけは無料なんで是非行ってみて ぶんぶんぶーん

ブラジルで柵というか壁と言うか電気ワイヤーがなくむき出しになってる豪邸を初めてみた  すご~くカリフォルニアを思い出します

IMG_9820r.jpg

IMG_9818r.jpg

IMG_9817r.jpg

この家の前には高級車が3台も停まっていた やっぱり男の子は見るとこが違うねぇ Bebezinhoが即効写真撮ってました  Tomominhaは言われるまで車に全く目がいかず家ばっかり見てたよぉ

IMG_9822r.jpg

IMG_9823r.jpg

IMG_9824r.jpg

他にはこういうブラジルではレアな車が沢山ありました
IMG_9814r.jpg

どこ見ても高級車
IMG_9816r.jpg

アメリカではこういう車は普通に見れるけどブラジルでこういう車を買える人ってのは本当に金持ちで別の世界の人達なんです  しかもこうやって3台並んでるのは超レアらしい  

Praia dos Ingleses(イングレージス・ビーチ)へ行ったときに見た超有名人(ブラジルではね) ブラジル最大のテレビ局Rede Globoのスポーツナレーター Galvão Bueno氏 

galvao-buenor.jpg

この人モナコに移り住んだかで母国ブラジルへバカンスにきていたんでしょう はは パパラッチになったみたい 拡大しちゃったぜ かなり上手に撮れてるでしょう  隣に居るのはたぶん奥さん う~んそれにしても大きなお腹ですわ ぽんぽんぽんっ

CSC_0307r.jpg

いやぁぁそれにしてもブラジルにこういう場所が存在するなんて知らなかったなぁ 久しぶりにちょっと驚かされました

ビバ ブラジル ちゃお 

ブラジルの旅行情報
ブラジルの旅行情報

関連日記

Florianopolis (フロリアノポリス)のおすすめレストラン 

Florianopolis Part4 宿

Florianopolis Part2 ビーチ

Florianopolis (フロリアノポリス)Part1

tag : ブラジル サンパウロ

お問合せ
Tomominhaへメールする
プロフィール

Tomominha

Author:Tomominha
1981年11月生まれのO型で大雑把ではありますが好きなことには凝るタイプです。何事もすぐに行動に移したい人なので行動力はありますが、理性よりも先に感情、本能が先走り、時間が解決してくれたであろう事に余計な体力、精神を使ってしまうという事がただあります。
ブラジル人と結婚して2008年12月からサンパウロで暮らしています。ブラジルのお役立ち情報を配信していきます。どうぞ宜しくお願いします。
ブログランキングにも参加中、クリックお願いします。

南米・中南米在住の日本人によるブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


ブラジルの旅行情報
ブラジルの旅行情報

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。